信頼の50年 後藤塾

後藤塾の公式ブログ  名古屋市瑞穂区の学習塾です。「小学生コース」「中学生コース」「個別指導コース「速読トレーニング」など受験のための力を養う総合進学塾です。  お問い合わせは 052-881-3171まで。

2016年02月

出ました!私立高校結果

こんにちは。

後藤塾塾長の渡邉です。

今年度の私立高校入試も無事に終わりました。

後藤塾生も、かなりがんばってくれました。

結果については、ホームページでご確認下さい。

注目すべき点は、大逆転をした合格が多数あったことでした。

(1)学校から推薦を薦められた私立高校に、一般入試でがんばって合格し、さらにその上のレベルの高校にも合格のダブル合格!!

(2)学校では「無理でしょうね」と言われた内申ボーダー36〜40の私立上位校に、内申30前後での合格者が何名も誕生!!

などです。

少し抽象的でまだまだ書き足りないのですが、あまりにも具体的になりすぎると個人情報がわかってしまうという問題がありますので、これぐらいにしておきます。

最後まであきらめずにがんばり、このような結果を出してくれた後藤塾の受験生を諸君に感謝とともに拍手を送りたいと思います。

しかし、公立高校の推薦・一般入試と受験はまだまだ続き、むしろこれからが本番です。

この調子で公立高校もがんばってくれることと思います。

無料体験も随時受付しておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

052-881-3171
「学力向上は学習量に比例します。」


人気ブログランキングへ

愛知県の公立高校入試が難しくなる2

こんにちは。

後藤塾塾長の渡邉です。

今年も高校入試が始まっていますが、平成29年度の愛知県の公立高校の入試が変わる年まで、あと1年となりました。

現中学2年生から変更となります。

変更点について、まとめておきます。

1.一般入試の学力検査の検査時間及び配点について
(1)5教科の学力検査については、これまで以上に思考力、判断力、表現力等を測る出題となります。
  そのことを踏まえて検査時間を延長し、各教科45分(現在は各教科40分)となります。
  ただし、外国語(英語) は聞き取り検査を10分間程度(ここは現在と同じ)、筆記検査を40分(現在は各教科35分)
  となります。
(2)各教科22点満点(現在は各教科20点満点)とし、学力検査合計得点の最高が110点(現在は100点)となります。
  ただし、外国語(英語) における聞き取り検査の配点は4 分の1 程度(ここは現在とほぼ同じ)となります。
(3)一般入学における校内順位の決定方法については、現行の方法どおりとなります。

2.「推薦入試」について
(1)「推薦入試」と「一般入試」が同一日程になります。
(2)入試2日目の面接が、「推薦入試」の面接と「一般入試」の面接とに分かれて実施され、この面接が今までの「推薦入試」ということになります。
(3)推薦入試を受験する場合も、今までとは違い、一般入試の学力試験を受験しなければならないことになります。

3.群・グループ分けについて
尾張2群Aグループの松蔭高校が、1群2群共通校になります。


以上のことから考えると、平成29年度からは愛知県の公立高校の入試問題の難易度が上がり、内申点(通知表)よりもさらに当日点重視になっていくと考えられます。

当日点重視になっていくということは、それなりの実力を付けなければいけなくなるので、今まで以上の学習が必要になる可能性が高くなると思います。

私の持論ではありますが、「人は100を目指せば80ぐらいまでは到達できる。」と私は考えています。

ですから、目指す100の内容を減らしてしまうと、それに比例して到達できる内容も結局は減ってしまうだけのことになるのではないでしょうか。

これは、目指すレベルに関係なく、ある程度このようになるのではないかと思っています。

早いうちから、教科をまんべんなく学習していく必要があると思います。

無料体験も随時受付しておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

052-881-3171
「学力向上は学習量に比例します。」


人気ブログランキングへ
中学英単語帳
高校英単語帳
TagCloud
QRコード
QRコード
人気ブログランキング
livedoor 天気
ツイッター
  • ライブドアブログ