こんにちは。

後藤塾塾長の渡邉です。

後藤塾では、中3は常に学力別クラス編成になっています。

このクラス編成は、学習意欲を刺激し、継続させるカンフル剤として考えています。

人間である以上、学習意欲もなえてしまう所謂「中だるみ」の現象が現れてきてしまうのは、仕方がないと思います。

それを打破するうえでも、何か刺激するものはないかと思い、この学力別のクラス編成を実施しています。

過去のOB・OGに話を聞いても、学力別のクラスは、かなり良い刺激となっていた言っています。

上位クラスであれば、「そこから下がりたくない。」という気持ちがわき、下のクラスに下がってしまった時は、「早く戻らなければ…。」という気持ちが出てきていたようです。

定期試験結果、模擬試験結果、通知表、授業の様子等で常にクラス変動をしていますので、良い刺激となっているのではないでしょうか?

そこで、中1・2も暫定的にではありますが、英語と数学は学力別クラスを伝えています。

これは、学力別クラスにすることが目的ではなく、あくまでもカンフル剤と考えています。

また、他の習い事との都合があったりする場合など、曜日の固定が難しいケースも多くあります。

そのため、英語・数学は、通塾曜日が2日ありますので、どちらかの曜日を選択できるようになっています。

また、体調不良やご家庭の都合でお休みされたりした場合や祝日・休日で休みになったりした場合も、もう片方の曜日で通塾できるシステムになっています。

このように、少しでも確実に通ってもらえるシステムをとっています。

さらに、「1回の授業ではなかなか理解できなかった。」「もっと理解を深めたい。」などといった時は、英語・数学は、通塾曜日の2日とも通っても良いシステムにもなっています。
(もちろん、費用が別途発生するようなことはございません)

しかし、通塾回数も増えてしまうため、生徒本人が負担と感じる可能性もありますが、学力向上は学習量に比例しますので、日数を多く通塾した生徒ほど確実に力が付いていくと思います。

現在通塾している生徒の中にも、英語・数学を2日とも通塾しているケースが数多くあります。

自習室もありますので、そちらをうまく使ってしっかりと学習内容を定着させていく生徒もいます。

高3生にもなってくると、学校帰りに夕飯のお弁当持参でそのまま塾に来て、夜の10時過ぎまで学習していく生徒も多いです。

学校が休みの日は、昼過ぎに塾に来て、夜の10時過ぎまで学習していきます。

家には、寝るために帰るような感じです。

私も、思わず「塾に住んでいる?」と声をかけてしまうぐらいです(笑)。

力を付けるには、毎日のようにしっかりと確実に学習をすることが大切です。

そして、私たちも協力は惜しみません。

このように、しっかりと力を付けたからこそ、見事に合格を勝ち取っていくのだと確信しています(合格速報2014をご覧ください)。

無料体験も随時受付しておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

052-881-3171
「学力向上は学習量に比例します。」



人気ブログランキングへ