こんにちは。

後藤塾塾長の渡邉です。

早いもので、今年も残すところ、あと1カ月弱となりました。

後藤塾でも、冬期講習が始まります。

中3・高3の受験生にとっては、勝負の1カ月になると言っても過言ではありません。

後藤塾でも受験学年はみっちりと冬期講習を行います。

この冬は、自分の人生を決める大切な時期であることを再認識し、クリスマスやお正月などの楽しい行事はありますが、すべてに悔いが残らないように、心がけてがんばってください。

1・2年生も、冬休みだからといって、うかうかはしていられません。

2月の中旬には、学年末試験があります。

教科や学校によっては、新しい単元として、教科書の半分が試験範囲になることもあったり、あるいは今まで習ったところがすべて範囲になったりもします。

つまり、この学年末試験は、すべての教科で最も範囲が広く、しかも実技教科の試験もあります。

1年間の集大成の試験でもあるのですが、最も勉強もしにくい試験でもあります。

ですから、この冬休みに2学期の12月までの復習と3学期の予習をある程度やっておかないと、学年末試験はかなり苦しくなっていくことでしょう。

しかし、冬休みは楽しい行事もたくさんありますので、一番気が抜けてしまう時です。

また、部活動等もあって忙しいとは思いますが、ここでがんばった人が、これからグ〜ンと結果を出すことは間違いないと思います。

特に2年生は、受験生となる意識をもって、受験への足がかりとなる冬休みにしてください。

また、1年生は、悪い意味で馴れが出てきてしまい、やることがいい加減になりがちです。

初心を忘れることなく、しっかりとけじめをつけてがんばってください。

 
3学期への弾みをつけるためにも、気合を入れて、2学期の12月までの復習と3学期の予習を冬期講習をがんばりましょう。

小6にとっても、3学期は大切な時期になります。

小学校を卒業すれば、次は当然中学ということになります。

中学に入ってからの学習進度はかなり速くなります。

特に、英語・数学は、小6の3学期に少しでも予習をしておかないと、初めはかなり苦しんでいくケースが多いようです。

英語は、中学の英語の初めに出てくる単語量がかなりあるため、少しでも単語を覚える練習をしておかないとかなり厳しいです。

数学は、正負の数の計算が初めに出てきますので、ここでつまずくと後々まで影響が出てきてしまいます。

負の数の引き算が足し算をするという感覚ができるまでに、かなり時間がかかります。

後藤塾では、小6授業内3学期から中学の予習を行っていきます。

瑞穂フリモ12月号もご覧ください。


無料体験も随時受付しておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

052-881-3171
「学力向上は学習量に比例します。」


人気ブログランキングへ