こんにちは。

後藤塾塾長の渡邉です。

公立高校の入試結果が出ました。

後藤塾では、下記のような当日点での大逆転合格を多数出すことができました。
桜台高校 内申ボーダー6不足からの逆転合格
昭和高校 内申ボーダー8不足からの逆転合格
       内申ボーダー11不足からの逆転合格
名古屋西高校 内申ボーダー5不足からの逆転合格
中村高校 内申ボーダー5不足からの逆転合格
       内申ボーダー6不足からの逆転合格
鳴海高校 内申ボーダー4不足からの逆転合格
       内申ボーダー5不足からの逆転合格

合格実績はこちらをクリックしてください。

これも受験生全員が、入試の最後まできちんと毎日のように塾に通った努力のたまものであると同時に、日頃の指導の成果ではないかと自負しています。

中1からの充実した試験対策や英語・数学の2時間授業など、週に1回50分の授業では成し得ない圧倒的な学習量の差と集団指導×個別指導のハイブリッド授業が結果となったのでしょう。

「学力は学習量に比例する」、まさにこのことが成果となって現れたのだと思います。

中3の理科の授業にも、大きな特徴があります。

理科の授業では、1・2年の学習内容をもう一度すべて説明を行い、総復習をします。

当然、3年生の学習もしていきますので、理科の授業がかなり手厚くなっています。

このように、塾の普段の学習が、受験に対しての総合的な学習にもなっていますので、かなりの力がついたと思われます。

入試直前になって、入試直前対策講座といったような別講座を無料で設けて、余分な費用が必要となることもありません。

日頃の塾の学習をしっかりとこなしていくだけで、このような結果が出せているのも、後藤塾の特徴の集団指導×個別指導のハイブリッド授業の成果だと思っています。

後藤塾も、今週から春期講習が始まります。

本格的な新学年の始まりです。

毎年のことではありますが、気持ちが引き締まる思いです。

また、新たな受験生とともに頑張っていきます。

無料体験も随時受付しておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

052-881-3171
「学力向上は学習量に比例します。」


人気ブログランキングへ